読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市立釧路図書館のブログ

北海道釧路市幣舞町4-6にある市立釧路図書館のブログです。ウェブサイトはhttps://lib.city.kushiro.hokkaido.jp/からご覧いただけます。

♪芸術館・美術館コーナー入れ替えました♪

              

「グラフィック・デザイン」
 なんだかカッコイイ響きですね。
 己のセンスを武器に、色や形や配置を操るのがグラフィック・デザイナーの仕事で、ポスターや雑誌の広告、イベントのチラシなど幅広いフィールドが彼らの舞台です。



その先駆けと言われているのが、竹久夢二(1884-1934)。
 たとえ「100年前」という響きが古臭く感じても、竹久夢二の作品には、いまだに極上の「カワイイ」が漂っています。               
 夢二がその表紙をデザインした少女雑誌は、当時の女の子には絶大な人気で、他にもカット・イラストや千代紙にいたるまで、彼が残したデザインは、21世紀の女性にとっても「カワイイ」の的であり続けています。



「いきな木版絵や、かあいい木版画やカードや絵本や、刺繍や、その他日本のむすめさんたちに向きそうな絵日傘や、人形や、半袖なぞを商う店でございます」
                                            (『日本の「かわいい」図鑑/河出書房新社/2012年  より)
    
 1914年、この一文の挨拶状とともにオープンした「港屋絵草紙店」は竹久夢二のオリジナル店であり、そこの商品がファンシー・グッズの元祖とされています。            
 このお店は、在庫不足等の理由により2年で閉店したらしいのですが、どれほど“カアイイ”お店だったか考えただけでも瞳がキラキラします。  


そんな夢二の作品がl来釧しますってなったら、やっぱりそこも瞳キラキラでしょうか☆
 2014年に生誕130年を迎える竹久夢二の展覧会です。カアイイもの好きの日本のむすめさんは、ぜひっ!!
                                       


【生誕130年記念  竹久夢二展】
2013年8月3日(土)~2013年9月16日(月・祝)

 期間中、釧路市立美術館ではさまざまなイベントも予定されているので、そちらもぜひチェックしてみて下さい。                   




ARTはお好きですか?    
                                       私は大好きです