読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市立釧路図書館のブログ

北海道釧路市幣舞町4-6にある市立釧路図書館のブログです。ウェブサイトはhttps://lib.city.kushiro.hokkaido.jp/からご覧いただけます。

「ちまちま人形紹介」 第2回目

今月のブログ連載は、「ちまちま人形紹介」と題して、現在市立釧路図書館で開催している「たかやまみかさんのちまちま人形展」より、そこに展示されている小さい人形の偉人・文豪たちの中から数体ご紹介する特集をお送りしています!

「ちまちま人形」は、札幌在住のイラストレーター高山美香さんの手作りで、高さ十数cm程の大きさの作品です。樹脂粘土で作られています。人形展では、川端康成太宰治といった文豪を始め、ゴッホやベートーベン、小野小町、弁慶、近藤勇豊臣秀吉エジソンライト兄弟など、歴史上の偉人・有名人たち、62体の人形が展示されています。また、新聞連載のイラストエッセイの原画なども展示しています。

 

第2回目の今回は、

南方熊楠 (みなかた くまぐす) についてご紹介します!

↓こちらの写真が、高山さん作の熊楠です。

f:id:kushiro-library:20140202165434j:plain

南方 熊楠 1867(慶応3)年~1941(昭和16)年

和歌山が生んだ、日本が世界に誇る偉大な菌類学者であり博物学者・民俗学者です。

19歳の時に渡米し、粘菌に魅せられてその研究に没頭。その後、イギリスでは大英博物館の東洋関係資料の整理に携わります。一方で、科学雑誌の「ネイチャー」に論文を発表。また孫文と知り合い親交を持ちました。33歳の時に帰国。粘菌の研究のため熊野の山に入り、採集をして数々の新種を発見します。多くの言語を操り、様々な場所で活動して自然保護運動に闘いぬいた巨星です。 

熊楠は子どもの頃から驚くべき記憶力の持ち主で、百科事典全105巻を暗記してしまう程でした。耳に入った事は全て記憶してしまうので、ややこしくないのかと人に聞かれると、「覚えていたくない事は奥歯をキッとかんでチョッと舌打ちすると完全に忘れるから大丈夫!」と答えたそうです。

豪快・奔放で知られる熊楠ですが、人見知りで優しい性格でもあったそうです。

 

熊楠に関する本は2階一般閲覧室に多数ありますので、お気軽にお問合せください。

「別冊太陽 南方熊楠 森羅万象に挑んだ巨人」湯原 公浩/編 平凡社 2012.2

南方熊楠アルバム」《新装版》中瀬 喜陽/編 八坂書房 2004.11

 などがあります! 

**********************************

 

【たかやまみかさんのちまちま人形展&トークショー】のお知らせです♪

★たかやまみかさんのちまちま人形展★

開催期間:平成26年2月1日(土)~2月16日(日) *期間中の休館日 3日(月)・10日(月)

時   間:10:00~17:00

開催場所:市立釧路図書館 1階 美術展示室 *入場無料

 

★たかやまみかさんのトークショー&朗読★

開催日時:平成26年2月15日(土) 13:00~

開催場所:市立釧路図書館 4階 視聴覚ホール 定員150名 *入場無料・申込不要

語り手:たかやまみかさん

聞き手:すずきちえさん(市内児童書店 プー横丁店主)

トークショー終了後、サイン会と本やグッズの販売を行います。購入者以外もサイン可。ご自分の本や色紙をお持ちください。

―お問い合わせ―

市立釧路図書館 〒085-0836 釧路市幣舞町4番6号 Tel:0154-42-1411