読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市立釧路図書館のブログ

北海道釧路市幣舞町4-6にある市立釧路図書館のブログです。ウェブサイトはhttps://lib.city.kushiro.hokkaido.jp/からご覧いただけます。

じっくり読みたい本特集 第2回目

「じっくり読みたい本特集」第2回目の担当は図書館バスです。

イッキ読みにはもってこいな、すでに完結している文庫、ノベルスを紹介いたします。

 

 

「坂の上の雲」 司馬遼太郎/著 文春文庫 (所蔵館・図書館バス、一般閲覧室、コア鳥取)
 
 明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。この時期を生きた四国松山出身の三人の男達―日露戦争においてコサック騎兵を破った秋山好古、日本海海戦の参謀秋山真之兄弟と文学の世界に巨大な足跡を遺した正岡子規を中心に、昂揚の時代・明治の群像を描く長篇小説。全8巻。
 
2009年にNHKにてドラマ化され、大変話題になった作品です。見ていた方も多いのでは。あの時の映像を思い返しながら読み返してみるのもいいのではないでしょうか
 
 
「妻は、くノ一」シリーズ 風野真知雄/著 角川文庫 (所蔵館・図書館バス)
 
 平戸藩の御船手方書物天文係(おふなてかたしょもつてんもんがかり)の雙星彦馬(ふたぼしひこま)は、三度の飯より星が好きという藩きっての変わり者。そんな彦馬のもとに上司の紹介で美しい嫁・織江(おりえ)がやってきた。彦馬は生涯大切にすることを心に誓うが、わずかひと月で新妻は失踪してしまう。じつは織江は、平戸藩の密貿易を怪しんだ幕府が送り込んだくノ一だった。全10巻。
 
こちらもドラマ化されていますね。番外編も出ているので、シリーズを読み終わった後も楽しめます。他にもシリーズものを多く書かれている作家さんなので、読み始めるきっかけにもいいかもしてません。
 
 
 
「四季」シリーズ 森博嗣/著 講談社ノベルス  (所蔵館・図書館バス、一般閲覧室、コア鳥取、コアかがやき)
 
 「すべてがFになる」の天才科学者、真賀田四季の少女時代。叔父、新藤清二の病院で密室殺人が起こる。唯一の目撃者は透明人間だった!? 其志雄は孤独な天才を守ることができるのか? 全4巻。
 
今話題の作品の番外編です。他にもシリーズ番外編などを多く書かれているので、読んでいない作品をまとめて読んでみてはどうでしょうか?
 
この他にも図書館バスには、普段見ることのないような本も多数載せて市内を巡回しております。もし機会がありましたら、お立ち寄りください!