読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市立釧路図書館のブログ

北海道釧路市幣舞町4-6にある市立釧路図書館のブログです。ウェブサイトはhttps://lib.city.kushiro.hokkaido.jp/からご覧いただけます。

「この本で作りました」特集  第3回

 

3回目は2本立てでおとどけします!まずはじめは…

ベイクドチーズケーキです!

 

材料をそろえて順番に混ぜて焼けばできるよ~と言われ、

同僚おすすめの本でおそるおそる挑戦したところ…

なんと、売っているようなケーキが、不器用な私にも作れたのです!

家族も絶賛してくれましたぁ

 

f:id:kushiro-library:20150309220104j:plain

 

ベイクドチーズケーキ&レアチーズケーキ』クリームチーズ使い切りの、かんたんレシピ

石橋かおり/著 雄鶏社 2002.3 

 

参考にした本には、いろいろな種類のベイクドチーズケーキ

レアチーズケーキのレシピが載っています。

どれもみんな美味しそう…

秋になって美味しいかぼちゃが手に入ったら、是非とも

パンプキンチーズケーキを作って食べたいです!

 

グラハムクラッカーをくだいて型に敷き詰めて、

材料を混ぜて型に流し込むまで30分くらい。

焼くのに1時間。

2時間もあれば作れます。

 

f:id:kushiro-library:20150310073310j:plain

 

お休みの日にでも作ってみませんか?

リッチなティータイムになること間違いなしです

 

 

第2弾はスコーンです!

なぜかこの連載スイーツが多いのでパンにしようかとも思いましたが何故かスコーンを作る事に…。でもとっても美味しいスコーンですよ。参考にしたのはパン作りの本ですが、パン以外にもパンにあうお料理やおやつのレシピもたくさん!パン自体も作りやすいレシピで、なおかつバリエーションもたくさんのっていて、とってもオススメの本です。

『徳永久美子のパンを楽しむ生活 おいしいおはなし』

徳永久美子/著 主婦と生活社 2002,12 

スコーンの材料はとってもシンプル。バターに砂糖に小麦粉にベーキングパウダー・卵に牛乳、塩少々。今回は無塩バターではなくマーガリンも混ざったやつです。

f:id:kushiro-library:20160322161802j:plain

スコーンを上手に作るコツは、バターが溶けないように気を付けることです。作業前に冷蔵庫や冷凍庫に入れて材料を冷やしておくと層がキレイにできるんですよ~

粉とバターを細かくまぜて…フォークやナイフでもいいのでバターをまずは細かく、細かく・・・それから手でこすり合わせるようにして、ぽろぽろのパン粉状にします。

こんなかんじ。

 

f:id:kushiro-library:20160322162915j:plain

 

それから水分を入れて、まとめて数回こね、冷蔵庫で30分~1時間ねかせます。

 

f:id:kushiro-library:20160322172442j:plain

 

ねかせているうちにオーブンの予熱をしましょう。あとはのして丸く型抜きして~。

 

f:id:kushiro-library:20160322172909j:plain

焼くとこうなります!!

 

f:id:kushiro-library:20160322175642j:plain

ぱっくりとオオカミの口が開いたら大成功!

お好きな紅茶と一緒に焼きたてをどうぞ。

ジャムやクリームを添えると本格的ですね。私ははちみつやメイプルシロップで食べるのも好きです。お試しあれ!

 

レシピ本で何かを作るときには、事前に何回か目を通して段取りを把握しておくと途中でアワアワしなくてすみますよ。あとスイーツの場合は卵のサイズが必ず本のどこかにのっているのでチェックしたほうがいいかも…。

図書館にはたくさんのレシピ本があって楽しいですよね。

ぜひ気に入った本を見つけて作ってみて下さい。