読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市立釧路図書館のブログ

北海道釧路市幣舞町4-6にある市立釧路図書館のブログです。ウェブサイトはhttps://lib.city.kushiro.hokkaido.jp/からご覧いただけます。

イチオシ!作家特集 第3回目

こんにちは。市立釧路図書館をご利用いただきありがとうございます。今年の釧路は桜が早いですね!図書館の桜も、あっという間に花開きました。緑化ボランティアの皆さんのご協力もあって、花壇も賑わいを見せる季節です。

 

イチオシ!作家特集は3回目。本日は郷土行政資料室からお送りします。

釧路市とゆかりの深い作家さんというと、昭和の釧路をご存知の方は原田康子さん、最近では桜木紫乃さんが有名でしょうか。漫画家では「僕等がいた」で知られる小畑由紀さんが、中高生に人気です。

こうしてあげてみると、いままでご紹介させていただいた作家さんは女性作家さんが多いなぁ・・・ということで、今回は男性作家さんをピックアップ!長倉洋海(ながくらひろみ)さんをご紹介します。

 

長倉さんは1952年、釧路生まれの写真家。1980年からフリーランスで活動されています。釧路市芸術館でも展覧会をされているので、ご覧になられた方も多いのではないでしょうか。世界各地の紛争地域で、そこに生きる人々を撮影しています。印象に残るコントラストとおもわず引き込まれるような情動豊かな被写体が魅力的な作品を生み出す長倉さん。写真展のカタログのほか、著書もたくさんあります。

写真とともに綴られる文章がその時々に感じたものを伝えていて、微笑ましかったり、考えさせられたり。誰もが持つであろう感情を写真の中の誰かにもまた感じて、心を動かされます。文字や動画ばかりを追うルーティンワークからふと顔を上げるときにイチオシ!します。

自分と違う場所で生きる誰かに思いを馳せる1冊。子供たち日常をきりとった『ともだちDearFriend』、芸術館でも開催された展覧会のカタログ『微笑みの降る星』など多数ありますが、ジャケットで選んではずれなし。ぜひどうぞ!

 

3階ほか2階一般閲覧室にも多数所蔵しておりますので、自宅でゆっくり楽しみたい方はこちらもご利用ください。