読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市立釧路図書館のブログ

北海道釧路市幣舞町4-6にある市立釧路図書館のブログです。ウェブサイトはhttps://lib.city.kushiro.hokkaido.jp/からご覧いただけます。

「web・OPACのコツ」特集 3回目

こんにちは!いつも市立釧路図書館をご利用いただきありがとうございます。今月は暑い日が続きましたね。古本市、港まつり、北海盆踊りと図書館周辺も熱く盛り上がりました。 

さて、今月のブログ連載も最終回。web検索、使いこなせそうですか?図書館によって使い勝手が違ったりするので、ちょっとめんどくさいなぁ…という気持にもなりますよね。でも、調べ方のコツやクセをつかめるようになると、図書館のことももっとよくわかるようになります。前は見なかった棚をみてみることが増えると意外な出会いもあって楽しいですよ。

 

さて、今回は「新着テーマ」「マイ本棚」機能のご紹介です。

以前にも一度ご紹介させていただきましたが、今回は少し詳しく。

 

特定著者・特定ジャンルの新刊情報が欲しいときは「新着テーマ」を設定!

図書館には新刊がない・人気の本がない...とよく言われますが、そうした本は常に誰かが借りています。予約がたくさんはいっていたりすると、次のお客様の受け取り待ち状態になるので、書架に並ぶことはありません。レンタルショップのように空箱があるわけでもないので、「本当はある」ことを知らずに諦めてしまう方も。

そこで、新しい本が借りたい!どんな新刊があるのか知りたい!というとき活躍してくれるのがこの「新着テーマ」。設定したキーワードが含まれる本が入荷されたら、メールでお知らせしてくれる機能です。

 

ログインした状態で「利用者のページ」→「新着テーマ参照」をクリックします。

「新規登録」で新しい設定を追加しましょう!

f:id:kushiro-library:20150815123604p:plain

テキストボックスに必要事項を入力します。「メールタイトル」にいれた文章で新着本の案内がきます。「フリーワード」「書名」「著者名」に届けてほしい新刊情報を入力。あとは「登録」をクリックすると、新着本が棚に並ぶときに教えてくれますよ!f:id:kushiro-library:20150815124254p:plain

フリーワードに「料理」といれるとレシピ本など「料理」というキーワードをもつ本ときにお知らせ、著者名に「池井戸潤」といれると最新作が入った時にお知らせ。「対象資料」「対象館」でさらに詳細な設定ができます。

ただし、ひとつのテーマで料理本と池井戸潤を登録することはできません。「料理」のキーワードを持つ「池井戸潤」の本だけが対象になってしまいます。それぞれテーマを別に設定する必要があります。「料理」の本の設定が終わったら、再度「新着テーマ参照」に戻って「池井戸潤」を新規登録しましょう。

既に設定したテーマは一覧で表示されます。やっぱりこれはいらないかな、というときには不要なテーマを選択して削除したり、内容を修正したりできますよ。

 

 

読んだ本の履歴・読みたい本リストがほしいときは「マイ本棚」!

「前に読んだ本なんだけど、履歴ないの?」とカウンターに訪ねてこられるお客様もいらっしゃいます。確かに、履歴があると書名がわからなくても検討がつくし、いいですよね。ただ、図書館のスタッフに知られたくないなぁ…という方もいらっしゃるので、図書館では返却と同時に履歴は消えてしまいます。

でも、ウェブサイト上でなら、貸出履歴が作れるんです!履歴は本人のIDでログインした人しか見れないので、スタッフにもわからない「秘密の本棚」なんです。自分だけの本棚をつくれますよ。

 

「利用者のページ」→「ユーザ設定」をクリックすると、ユーザ情報の設定ができます。「ニックネーム」(※当館では公開機能を利用していないので公開されることはありません)を設定します。

2段目のチェックボックスで、借りたまたは予約した資料を「読み終わった・今読んでる・読みたい」のいずれかに自動的に登録するかを設定できます。

f:id:kushiro-library:20150815124942p:plain

 

さらに細かく設定したいときは「本棚カテゴリ管理」でカテゴリを自由に設定できます。「面白い!」「もう一回!」「いまいち」とかでもいいですし、「小説」「エッセイ」「ビジネス」とかでもいいですよね。f:id:kushiro-library:20150815130227p:plain

登録された本は「マイ本棚管理」から見ることができます。「読書状況」や自分で設定した「カテゴリ」ごとに表示することもできるので、「あの本どれだっけ?」というときも便利です!

f:id:kushiro-library:20150815130421p:plain

 

 

いかがでしょうか?最初は設定がめんどうですが、一度設定してしまえばあとは自動でしてくれるので思いのほか便利な機能です。試してみてくださいね。