読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市立釧路図書館のブログ

北海道釧路市幣舞町4-6にある市立釧路図書館のブログです。ウェブサイトはhttps://lib.city.kushiro.hokkaido.jp/からご覧いただけます。

「絵本を読もう!特集」 第4回

こんにちは!いつも市立釧路図書館をご利用いただきありがとうございます。

さて、この連載もあと2回ですね。今回は郷土行政資料室からご紹介します!

f:id:kushiro-library:20140921163035j:plain

「北加伊道 松浦武四郎のエゾ地探検」

(関屋 敏隆∥文・染型版画,ポプラ社,2014.6)

まずは今年生まれたばかりの新しい絵本をご紹介します。松浦武四郎(まつうらたけしろう)は、江戸時代後期に生まれた人物で、アイヌの生活や文化を見聞きしながら北海道各地を旅してまわりました。「北海道」という地名を考えたのも武四郎です。この絵本はそんな武四郎の生涯を、味のある版画とともにまとめた作品です。

f:id:kushiro-library:20140921163019j:plain

シマフクロウのかみさまがうたったはなし」

(まつしたゆうり∥ぶん・え,アイヌ文化振興・研究推進機構,2014.3)

つぎはアイヌの物語をひとつ。こちらは知里幸恵の「アイヌ神謡集」のうちのひとつ「梟の神が自ら歌った謡“コンクワ”」をもとにした絵本で、小さなお子さんと一緒に楽しめる、やさしいおはなしです。アイヌ文化振興・研究推進機構ウェブサイトでも公開されているので、こちらもぜひご覧ください。

f:id:kushiro-library:20140921163046j:plain

「きいのいえで」

(種村有希子∥作,講談社,2013.5)

最後は釧路出身の作家さんの絵本を。こちらは第34回講談社絵本新人賞受賞作。「きい」と「わたし」は双子の姉妹。お母さんにおこられて家出をするといいだした「きい」に「ねえ。おかし たべてから いったら?」。さてきいのいえではどうなるのでしょうか?暖かな風合いのイラストが素敵な1冊です。