読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市立釧路図書館のブログ

北海道釧路市幣舞町4-6にある市立釧路図書館のブログです。ウェブサイトはhttps://lib.city.kushiro.hokkaido.jp/からご覧いただけます。

「真夏の怖いお話」特集 第1回目

真夏でも涼しい釧路。

クーラーの必要はありませんが、

やはり夏はこわ~い話で涼しくなりませんか?

ということで、今月のブログ連載は「真夏の怖いお話」と題して

図書館おすすめの怖いお話を紹介します。

では、第1回目は児童室からです。

 

京極夏彦の妖怪えほん『あずきとぎ

京極 夏彦/作 町田 尚子/絵 東 雅夫/編 岩崎書店 2015.3 

所蔵:市立釧路図書館 児童室・東部地区図書館 請求記号:E/イ

妖怪えほんシリーズ5冊のうちの、怖い妖怪のお話です。しょきしょきしょきしょき、と聞こえる川辺には「あずきとぎ」という妖怪がいるかもしれません。食われてしまわないように、気をつけましょう…

 

★怪談えほん『いるのいないの

京極 夏彦/作 町田 尚子/絵 東 雅夫/編 岩崎書店 2015.3

所蔵:市立釧路図書館 児童室・図書館BM・西部地区図書館・阿寒BM

請求記号:E/イ

怪談えほんシリーズはこれまで9冊出ていますが、その中でも怖さイチオシの本。いないはずの何かが本当に見えてしまったら…主人公の心境とオーバーラップして、怖いもの見たさの感覚で読んでしまう絵本です。

 

児童室からは、京極夏彦さんの作品で怖い絵本を2冊紹介しました。

お話もそうですが、怖さを倍増させるような絵です。

ぜひぜひ家族で見て読んで、涼しくなって下さい!

貸出中の場合は予約もできますので、お気軽にお声かけ下さいね。