読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市立釧路図書館のブログ

北海道釧路市幣舞町4-6にある市立釧路図書館のブログです。ウェブサイトはhttps://lib.city.kushiro.hokkaido.jp/からご覧いただけます。

「釧路ゆかりの作家たち」特集 第1回目

雨降りの多い6月が終わり、やっと7月になりました。

ただ7月は霧が多いですよね。霧は釧路の名物ですが…

こんな土地柄で育って、全国区で活躍されている作家さんが

沢山いらっしゃるのをご存じでしょうか。

今月のブログ連載は「釧路ゆかりの作家たち」と題して、

釧路出身の作家さんとその作品を紹介していきたいと思います。

第1回目は児童室からご紹介します。

 

まずは…「ロコ・まえだ」さん。

 サンリオのキャラクター「パティ―&ジミー」を生み出したデザイナーで、かわいい絵本も出版されています。

<児童室所蔵の絵本>

『ホイップベアー』柳原出版 2005.6 請求記号:E/ヤ

※ホイップベアーシリーズとして『ホイップベアーのおせんたく』、『ホイップベアーときいちご』、『ホイップベアーのふゆじたく』もあります。

『ジリーちゃんのたんじょうび』金の星社 2002.1 請求記号:E/キ

※ジリーちゃんシリーズとして『ジリーちゃんとトト』、『ジリーちゃんとちょうちょのあかちゃん』もあります。

 

2人目は…「加藤休ミ」さん。

 絵本や児童書の挿絵を手掛けるクレヨン画家。クレヨンやクレパスをつかった独自の画法で描く人物や風景はどこかノスタルジック、食べものはリアルで美味しそうです。

<児童室所蔵の絵本>

『きょうのごはん』偕成社 2012.9 請求記号:E/カ

『りきしのほし』イースト・プレス 2013.7 請求記号:E/イ

『おさかないちば』講談社 2013.10 請求記号:E/コ

『かんなじじおどり』BL出版 2014.7 請求記号:E/ヒ

 

3人目は…「種村有希子」さん。

 2012年、第34回講談社絵本新人賞を受賞。受賞作『きいのいえで』で絵本作家デビューしました。やさしい色合いの絵本で、心あたたまるストーリーの作り手です。

<児童室所蔵の絵本>

『きいのいえで』講談社 請求記号:E/コ

『ようちえんのおひめさま』講談社 請求記号:E/コ

『サンタクロースになるひ』小学館 請求記号:E/シ

 

その他の釧路出身者といえば、

『キリンがくる日』の絵を担当した木島誠悟さんや『心の鏡』を出版した友弥さん。

絵本『たこやきマントマン』の作者も釧路出身で、1970年代に大ヒットした歌

およげ!たいやきくん」をつくった作詞家・高田ひろおさんです。

 

気になった釧路出身の作家さんがいたら図書館へ!

ぜひ応援するつもりで読んでみませんか?